ブラックジャックはギャンブルにおいてクラシックなカードゲームとして知られています。これは21のアメリカ版です。ブラックジャックの最もエキサイティングな要素のひとつは、このゲームが他のプレーヤーとの戦いではなく、ディーラーとの勝負だという点にあります。ブラックジャックでは、プレーヤーがディーラーよりも強い手札を作れるかどうかに賭けます。カードの合計値が、21に近いほど「グッドハンド」ですが、21を超えてはいけません。ブラックジャックは世界のカジノで最もプレーされているカードゲームのひとつですが、誰でも簡単にプレーできるようなものではありません。ブラックジャックで成功できるのは、優れた才能を持ったギャンブラーのみです。コツを掴んで勝てるようになってくると、プレーヤーはこのゲームのあらゆる面が好きになってきます。ブラックジャックの起源は不明です。歴史上に残っている最初のブラックジャックの証拠は、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの「ドン・キホーテ」に登場します。彼はギャンブラーで、腕利きのブラックジャックプレーヤーでした。1960年代からは、ブラックジャックは高名な人物たちに親しまれるカードゲームになっています。

スウィンガーズ

スウィンガーズは1996年公開の、ダグ・リーマン監督によるカルト映画です。ヴィンス・ヴォーン、ヘザー・グラハム、ロン・リビングストンらが出演しています。ストーリーは、1990年代、ハリウッド在住の仕事のない俳優たちを中心に展開します。主人公のマイク・ピーターズ(ジョン・ファヴロー)は、ロサンゼルスで自らの運を試します。しかしすべてがうまくいかず、計画は変更となります。彼と友人たちはスベガスに乗り込み、ギャンブルへと身を投じることになります。

ルール・オブ・デス/カジノの死角

カジノルール

1998年公開の本作を監督したのはマイク・ホッジスです。主人公のジャック・マンフレッド(クライブ・オーウェン)は、ロンドンでクルピエ(ディーラー)として働く作家です。彼は知らぬ間にギャンブルの世界へと引きずり込まれていきます。本作は彼を中心に展開し、ギャンブルがいかにして彼の人生に破滅をもたらすかが描かれます。また、華やかなギャンブルの闇の部分も描かれています。

 レインマン

ブラックジャック

レインマンは1988年公開、バリー・レヴィンソン監督によるコメディドラマ映画です。トム・クルーズ主演の名作です。物語は2人の兄弟を軸に展開します。成り行きから2人で旅に出なければならなくなった兄弟が、ギャンブルの世界に乗り込みます。1人がブラックジャックで賭けを行うことにし、カードカウンティングの手法を使って勝負に勝ちます。本作では、厳しい状況における家族の美しさが描かれています。また、ブラックジャックというゲームにおける知性やスマートさの重要性も描かれます。

まとめ

ブラックジャックというゲームのパターンや構造は土地ごとに変わってきます。アメリカでは、各プレーヤーに2枚の手札が配られ、ディーラーにも2枚の手札が配られます。プレーヤーの手札はゲームの流れによって表に置かれたり裏のまま置かれたりと異なります。しかし、ディーラーの手札の1枚は表に、もう1枚が裏向きに置かれることは決まっています。別の地域では、ディーラーの手札は1枚のみで表向きに置かれます。ゲームのルールは地域ごとに異なります。

ブラックジャックの基本ルールは下記のサイトで詳しく解説されているので参考にしてみてください。

ブラックジャック完全ガイド